費用は高くならないか

FH094_L
Qトイレや浴室、ケアルームなど、各部屋は今までより広い面積が必要で、手すりの下地の準備や使いやすい設備をつけるとすると、今までの普通の家より相当高くなるのではないでしょうか。
A必ずしも高くはなりません。単純に、今までの住まいの考え方に新しい要素をつけ加えるだけならば、当然高くなります。しかし、全体のなかで必要な要素を整理すれば、総額を変えずに建てることはできます。ただし、エレベーターなど高額な設備を始めから設置すると高くなる可能性はあります。
「北側」と「水回り」は気を付けましょう。←参考にここのサイトからいろいろな間取りを見てみましょう。
高齢期に考慮すべき要素として間取り
の考え方や必要とするスペースなどを挙げています。確かに「歩行器や車椅子などが使えるような広さを取りましょう」「介護が受けやすいよう、広さにゆとりを持ちましょう」と指摘してきました。一方、全体面積が狭い場合の間取りの工夫として、廊下をなくした間取りとか、トイレや洗面所をワンルームとして利用する方法、隣の部屋を利用できるように段差のない仕上げにする方法なども記述してあります。入浴で全面介助が必要なときには、施設を利用するといったことも考えられます。生活を整理して考えれば、面積は狭くてもやりくりできるでしょう。よく、住宅の建設費は坪当たり50万、70万、100万円といった表現をします。値段の違いは、使う材料や設備のグレード、施工精度などで決まります。全体面積が増えないとしたら、手すり下地の準備や使いやすい設備機器など少々高くなる要素はありますが、工事賀総額が極端に高くなることはありません。高齢期に必要な配慮はそれほど高額ではありません。キッチンユニットや浴槽などのように値段が高くグレードによって金額幅が大きいものの金額を低く抑えればスイッチや手すりのように数が必要なものは、1個の金額はそんなに高くないので、やりくりできます。
キッチンユニットなどの設備は、始めに高い値段をかける方法もありますが、万一のときに、使いやすいものに取り替えるよう予算を半分残しておくといった考え方もできます。全体のなかでよく考えて、計画してください。