全部引き戸にする必要は

FH086_L
Q歩行器や車椅子などを使うことを考えると、引き戸がよいとのことですが、全部そうしなければいけませんか。
A引き戸は、歩行器や車椅子を利用する場合でも一つの動作で開閉できるので便利です。できるだけ出入口の扉は引き戸にしましょう。もしスペースがなくて、引き戸にできないときには、初めは開き戸にしておき、後で扉を外したり、アコーディオン扉に替える方法もあります。どちらにしても、後で困らないよう、初めから出入口をスムーズに通れるように考えておきましょう。この場合でもケアルームとなる部屋から続くトイレなどの水回りは、必ず引き戸にできるよう計画してください。
家具の固定方法について、改めて点検してみましょう。←こちらのサイトからたくさんの間取りや構造などを見られます。
今まで、襖(ふすま)以外、一般に家のなかで使われていたのは開き戸です。歩行器や車椅子を利用し、開き戸の扉を開けるには、例えば、扉正面から近づいて取っ手に手をかけ、下がりながら開かなくてはなりません。閉めるときも下がりながら扉を閉めるという動作が必要ですが、車椅子などを利用する状態の人にはこうした動作はできません。介護者も使いづらいです。年をとると機敏に動作できなくなるので、開き戸を開ける動きに体がついていかず、前のめりに倒れて肋骨を折った人もいます。こうしたことを考えると、扉はできるだけ引き戸にするほうがよいでしょう。ただし、引き戸は扉を引き込むスペースが必要です。ケアルームに隣接したトイレなどで後から引き戸にするときは、開口部がきちんと取れる壁の長さが必要です。間取りを計画するときに考えておいてください。
間取りによって、引き戸力歌れないときは、後で扉を外し、アコーディオンドアをつけたり、のれんなどで簡易に出入口を遮る方法があります。両方とも、音やにおいをきちんと遮断することはできませんが、視線を遮る程度で生活に支障ないときには、こうした方法も有効です。なお、アコーディオンドアは、開けるしろと折りたたみ代が残り、開口部の幅が狭くなります。使う予定のときは十分気をつけましょう。また、扉と比べると軽く、ドア自体は不安定なので、もたれかかったりすると危険ですから、使うときは注意してください。