健康な住まいとは

FH095_L
Q近ごろ、家が原因で体の不調を起こすことがあるとの話を聞きます。どんなことに気をつけたら健康でいられるのでしょうか。
A家を建てる時に使われる、新建材、接着剤などから放散される化学物質がアレルギーなどを引き起こす原因になるといわれています。できるだけ自然の素材を使い、やむを得ず化学物質が含まれたものを使うときでも、健康に影響の少ない新建材や接着剤を使うようにしましょう。また、断熱効果を高めるために気密性を高くした家で、結露が原因でカビが生じ、この影響で体の不調が引き起こされることもあります。気密性を高めても結露が生じないよう、二重サッシを使ったり、換気に気をつけましょう。
すべき手続きはしっかり行いましょう。←ここのサイトから不動産のリフォームなどに関する知識を得ましょう。
建材や接着剤に注意しましょう
「シックハウス症候群」なる言葉ができたように、家そのものが原因となって、アトピー、アレルギー、頭痛、倦怠感などを引き起こすことがあります。原因不明の不調が長く続き、悩まされることもあります。合板、フローリングの成型時や施工時の接着剤に含まれるホルムアルデヒド、酢酸エチル、トルエンなどの有機化学物質が原因だといわれています。このほかにも、塗料、ペンキ溶剤、カーテン、カーペットの防炎加工時の薬剤など、家中に原因となるものがあります。できる限り自然素材を使い、やむを得ない場合でも健康を妨げない建材や接着剤を使うよう注意してください。建築後、住む前に新鮮な空気を通し、乾燥させることでも、こうしたことがいくらか防げます。
結露を防ぎ、カビが発生しないように気をつけましょう
近ごろの家は、省エネルギーを考えて高気密・高断熱を心がけることが多くなりました。高気密が必ずしも結露に結びつくとは限りませんが、結露が原因でカビが生じ、この影響で体の不調が引き起こされることがあります。結露は、外と内との温度差が大きい窓ガラスや、空気の流れの悪い天井隅に発生しやすいので、二重サッシを使ったり、部屋の換気に注意しましょう。
部屋の空気を停留させないよう、扇風機などの風で室内の空気を攪拝することも有効です。カビの発生を防ぐよう、サッシは結露受けタイプを選び、こまめに排水口の掃除をしましょう。このほか、浴室、台所などで発した水蒸気は早く外に出すといったことにも気をつけてください。
健康のため、換気には十分気をつけましょう
年をとると家のなかで過ごす時間が長くなるので、だれもが、なるべく室内環境を快適にと考えます。こうしたときでも、新しい建材、機械による冷暖房ばかりに頼らない方法も考えましょう。断熱性を高める場合も、自然の換気・通風への気配りは大切です。床下、天井裏に換気口を設け、窓はできるだけ部屋の2カ所以上に開け、空気の通り道を作りましょう。台所や浴室に換気扇をつけ、エアコンの除湿を上手に使うとよいでしょう。自然換気と電機製品などによる強制換気を組み合わせ、室内環境を整えましょう。